留舞ライボルト

fate for sixty years…

S17使用構築 ライボカグヤファイナル

ライボでS17頑張ってたので記事にしました
強かったけど択めんどいし勝ちきれなかったので記事にして自己顕示欲バスターします


【コンセプト】
・ライボカグヤとのシナジーが強いものを補完に添え、積み技+Z技/メガシンカで固める

・耐性数値のどちらかがピーキーな補完コマの積みタイミングや火力を威嚇宿り木毒鮫肌で補強し崩し切る


【個別解説】
ライボルト@対応ナイト 避雷針
臆病:0-0-0-252-4-252
技構成:ボルチェン/オバヒ/毒/めざ氷

技構成はこれで完結してると思っています
受け駒を疲弊させて裏を通しやすくする等バトル中に勝ち筋を増やしてくれる毒は現環境で裏にカグヤを置くライボ軸では外す理由がないほどに強かったです


ガブリアス@スカーフ 鮫肌
陽気:44-4-4-0-204-252
技構成:逆鱗/地震/雪崩/ステロ

地雷気味のDSスカーフガブリアスです
ASガブリアスのステロ+逆鱗or地震で終盤のエース役としての運用は火力を削ったため難しくなりましたがリザガモスヒトムボルト等に対するあと投げの保証を持たせました
有利対面でステロを撒くことを意識し電気を通さないカグヤサイクルの中核をなす存在として頑張ってくれました

鮫肌により大体のガルーラをボルチェンから展開して触れさせるだけで周りの圏内へ余裕で押し込めるため、ガルーラ軸に対してはグライクレセの並び以外では可能な限り出すようにしていました
レンチガルの遭遇数もさして多くなくこのムーブをした後裏への役割を残しやすかったのも追い風だったと感じました(冷Bガルに3回ほど当たって発狂しました)
調整参考リンク


テッカグヤ@残飯
穏やか:244-4-108-0-92-60
技構成:ヘビボン/宿り木/放射/守る 

構築の始点兼クッションです
宿り木でアドを取り続けることよりこいつで詰ませるのか周りの一貫を作るための削りに専念させるのか考えて動かしました

何度も何度も放電でイライラさせられてきたポリ2とブーストできた際の詰ませ性能を意識してHDベースにし主に剣舞ガルドへの立ち回りの幅を広げるために威嚇を絡める前提で大きく甘えてB方面を甘えてSを伸ばしました

穏やかの理由についてですが当初は慎重個体を持っていなかったことから渋々採用しましたがH252振りクチートに対する放射2発の乱数が大きく変わり(10.5%→89.1%)テテフミミッキュの確定数が変わらないのでそのまま使い続けました

調整
HD:テテフライボ対面でカグヤに下げたテストケース

テテフの10万ボルト 〜112
残飯+12

A:カグヤつっぱりルート
カグヤ守る 残飯+12
テテフの10万ボルト 〜112

B:10万へガブやメガ前ライボに下げた2サイクル目
テテフのPFサイキネ 〜62
残飯 +12
カグヤ守る 残飯+12
テテフのPFサイキネ 〜62

どちらも確定で耐える

S:実数値89(剣舞ギルガルドのテンプレS実数値88+1)

正直S調整はほぼ役に立たなかったので配分は再調整するべきだと感じました


カプレヒレ@妖Z
控えめ:108-0-12-212-4-172
技構成:波乗り/ムンフォ/瞑想/めざ炎

ナットドランマンダに対しガブリアスのステロで釣り交換を駆使しながらドランを崩す必要があったのでその苦労を解消できるめざ炎を、以前使っていたミミッキュの対面突破性能やステロ展開の阻害を意識した冷風の代わりに採用しました
共有パに対してカバ前で撃つとカミツルギが死んでいって気持ち良かったです

妖Zの採用理由ですが
ギャラドス、HDボーマンダに対する積み抑制
・ライボ軸で重くなる水(レヒレスイクンアシレーヌ等)に対する処理速度の向上
の主に2点です
水Zの方が汎用性が高いですが、めざ炎を採用したためリフレクターを採用できず、結果非常に重くなったギャラドスを意識できるこの選択は間違いでなかったように思えます

調整意図
H:CSのあまり
C:H4振りボルトロスをムンフォZで最低乱数切り1発
ステロ+1瞑想妖ZでH236振りレヒレを確定1発
H4ギャラドスをステロ+妖Zで確定1発
S:やざわパのポリZ抜き程度


バンギラス@対応ナイト
陽気:108-140-4-0-4-252
技構成:エッジ/砕き/舞/挑発

ヒレカグヤとの受けシナジージュナイパーとの攻めシナジーを形成でき対面選出も可能なメガバンギラスを採用しました

数値の高さは偉大です
調整参考リンク


ジュナイパー@専用Z
意地:28-220-20-0-4-236
技構成:リブレ/影縫い/剣舞/身代わり

バナカグヤとラキグライカグヤ系列へ絶大なストレスを感じていたのでバンギラスとの攻め補完を意識して採用しました

死に出されたゲンガーを縛る(ABミミッキュの皮を破れる)影撃ちが欲しい場面も多かったですがターン稼ぎができライボの毒、カグヤの宿木でポリ2をはじめとする低速数値受けを疲弊させて崩しに行ける点が非常に強力だったので身代わりで使い続けました

調整参考リンク

special thanks
QRでこの構築を起草初期段階で使ってくれたエビ@gorocha_soda


最高レート1965

あまりにゴーリやバシャーモ、催眠ゲンガーに轢き殺されたのと上振れ要素を全く詰め込めなかったことが後悔です