留舞ライボルト

宿り木9割運ゲ

ライボガブカグヤZZ【最高2036】

こんにちは、なつかぜです

インフレに乗り、自身初の2000の大台にのって戦えたので記念に記事を書こうと思います

 

f:id:summer_orAnge:20190402132559p:image

 

【構築経緯】

自分の好きなポケモンであるライボルトを使いたかったので、シーズン9にて最高レート2089を達成した櫻子さんのライボガブカグヤという構築に着目し使うことにした

構築について考察する時間が足りなかったので自分が使い慣れたオーソドックスな型(毒ライボ、きのみカグヤ、ASスカガブ)で採用することを決めた

裏メガには基本選出では対応できない多様化しつつある受け回しを影踏み+滅びで潰せるメガゲンガーを採用

残り2体は水ミラーに強くカバやランドの展開を阻害しつつ受けにくい水技を押し付けられる水Zカプレヒレ、胞子の一貫を切って雨に強く崩しも行えるカミツルギを採用

以上の6体で構築が完成した

 

構築名のZZは「苦手範囲はゴリ押して潰した方が勝率が上がる」と考え、補完を2匹とも積み技+Z技で採用したことから、イナイレの好きな必殺技をもじって決めた

 

 

【コンセプト】

先発ライボルトボルトチェンジで有利サイクルを展開し、毒毒宿り木鮫肌等で削りエースを通す

 

準伝説の潤沢な数値を威嚇や宿り木で補強する

 

受け回しはゲンガーとツルギで対応する

 

 

【並び/配分/技構成】

ライボルト@メガ 避雷針→威嚇

臆病:0-0-0-252-4-252

実数値:145-×-100-187-101-205

技構成:ボルチェン/オバヒ/めざ氷/毒

 

テッカグヤ@フィラ BB

慎重:252-4-156-0-84-12

実数値:204-122-143-114-144-84

技構成:ヘビボン/放射/宿り木/毒

 

ガブリアス@スカーフ 鮫肌

陽気:0-252-0-0-4-252

実数値:183-182-115-×-106-169

技構成:地震/逆鱗/ステロ/雪崩

 

カプレヒレ@ミズZ ミストメイカ

控えめ:108-0-0-220-0-180

実数値:159-×-135-157-150-128

技構成:ドロポン/ムンフォ/冷風/瞑想

 

カミツルギ@ノーマルZ ビーストブースト

陽気:196-0-0-0-60-252

実数値:159-201-151-×-59-177

技構成:リフブレ/剣舞/叩き/ギガインパクト

 

ゲンガー@メガ 呪われボディ→影踏み

臆病:188-0-4-4-60-252 

実数値:159-×-101-191-123-200

→控えめ:236-0-0-0-44-228 (最終日)

実数値:165-63-100-209-121-179

技構成:シャドボ/滅び/身代わり/守る

 

 

【個別解説】

ライボルト

威嚇ボルチェン+オバヒと固有性能を持ったこの構築のメガ枠

毒毒はゲコライボ対面の安定択であり、自身が誘う高耐久数値受け(HDポリゴン2クレセリア等)やラス1マンダなど、割と広範囲に刺すことができた

威嚇ボルチェンのお陰で残すだけでも仕事できるのでいかにこいつの一貫をとるかよりいつ捨てていいか(いつまで残しておくか)を念頭において立ち回る

 

配分はH振りクチートやCSジャローダ、ゴーリに対するオバヒの乱数を意識してC特化、準速フェロやロップを意識して最速

 

Sラインはフェロ抜きで抑えるのも一考だがC特化のあまりを耐久に振ろうとも確定数が大きく変わるものもなく、ロップ軸に必ず後手に回る前提で組み立てないといけないのも弱く感じたので自分は最速で使い続けた

 

 

テッカグヤ

ライボルトで出し負けになるカプテテフやガブリアス、諸説対面になる地面、ギルガルドメタグロスミミッキュへのクッション

きのみ持ちテッカグヤの構成としてはヘビーボンバー、宿り木の種まで確定だと思っているが今回はミラーやガルド意識の放射、数値受けに刺さる毒を採用

当初はメガネテテフに対する最低限の性能を保ったHBベースの個体であったが、ライボルトの威嚇したのちの着地がベースであることに加えグロスはボルチェン+次サイクルのオバヒorガブの地震で縛りに行くことが増えたことから物理耐久を引き上げる必要性が薄いと感じ物理は対ミミッキュを意識した最低限確保して不特定多数から喰らう不一致技を受ける特殊方面へ寄せるのが最適と判断

ポリゴン2のDLでCが上がらない、カプテテフ等をビーストブーストの起点に裏の低火力特殊を毒宿り木でハメ殺せる等の利点が生まれたので結果的に特殊に寄せて正解だったと思う

2050ちゃれの時に有効急所で沈んでいったゴミ

 

環境にカンチグロス剣舞Zガルド、大文字マンダ、身代わりビルドランド等のメタが溢れててきつかった

 

 

配分目安

・A特化ミミの剣舞霊Zを最高乱数切って耐え

・臆病テテフの10万ボルト2連最高乱数切り耐え指標

・B<D

同族意識S12振り

 

 

ガブリアス

無難に強い

ライボの補完先に挙げられる地面はランドロスが一般的だがライボ→ランドと引いた時に地面以外の補完があまり良くない、炎電気耐性兼S102の縛り性能からガブリアス一択だと自分では思っている

想像していたより多かったガル軸相手は鋼をちらつかせ炎パンやグロウを受けてボルチェン+鮫肌×2+地震(ランドやクレセを見かけたらステロを押し、次サイクルの+ステロ+ボルチェン)で縛ること、Sが1上昇したガモスリザに投げた際は可能な限りステロを押す等を意識した

 

 

 

・カプレヒレ

カバ展開、行動保証持ちステロ撒き+バシャ+Zエースの並びに抗いたかった為採用

ASミミッキュとは対面から冷風+水ZでS関係を逆転させながら突破することが可能

瞑想による火力増強と冷風によるS操作により流されはしても起点にされないことが魅力であり、出した試合は活躍することが多かった

 

シーズンを振り返ってみたら非常に通っていたポケモンであり、汎用対策コマとして非常に流行ったカビゴンに対してC↑1状態のムンフォ+ドロポンZで半分回復実を発動させず落とすことが可能な(=後出しカビゴンに2手以上の行動を許さない)ことを知らなかったのでカビゴンをみたら極力出さないようにしていたことを少し悔やんでいる

 

構築がアーゴヨンを舐めきっているので最終日前日からasミミの対面突破性能を確保し冷風でアーゴヨンが抜けるようになる配分へ変更(参考リンクあり)

増えていたように感じたランド顎ギャラ含むランド展開に下から対応することが減り良かったと思う

 

Zレヒレは対面的に切り崩すのが得意だが消耗が激しいのでどこで体力を消費するかきちんと考えておくことが重要と感じました

 

ライボルト+冷風Zカプレヒレの着想元

改善後配分とそれについての単体考察

 

 

カミツルギ

ここまでで無理な雨パ、キノガッサ(というより胞子)をアグロ的に誤魔化すことができ、同時に受け崩しが出来る点を評価

ライボと胞子使いの対面ボルチェンからツルギバック、というのがガッサやバレルに対してある程度安定したのがよかった

 

配分はH16n-1を保ちゲッコウガの持ち物補正なしれいとうビーム、テテフのフィールドサイコキネシス確定耐え指標

H16n-1や最速である必要は薄め(定数ダメージは宿り木砂毒無効、火傷はされたら機能ほぼ停止、最速にしても型的にミラーに強くない)であり、なんなら準速マンダ抜きも必要ないと感じたため最速ウツロイド抜きに抑えて40の努力値を他に回した方が絶対に良かった

 

 

・ゲンガー

構築単位でメガフシギバナオニゴーリで詰んでいるので無理やりサイクルを崩すための滅び型、追い討ち枠から逃げるための身代わり搭載

ゲンゲンミラーで後攻ではあるもののほぼ耐えて返せる控えめHSベースとなった

 

選出した際地震以外のオニゴーリ、バナやバレル絡みのサイクルには殆ど負けなかったので選出率圧倒的最下位だがこのパーティを支えてくれたいい潰し枠であったと思える

 

配分目安

・C4振りメガゲンガーのシャドボ14/16耐え

・H振りメガゲンガーをシャドボで確定

→ある程度サイクルパのゲンゲン対面で安定する

ランドゲンガーのようなCSゲンガーを通す構築には可能な限りライボカグヤ@1で対応することを心がける

・C4振りオニゴーリのC±0フリドラを身代わりが確定耐え

・最速グロス抜き

 

 

メガゲンガーは「自身が強力なメタカードである為調整の指標にされる」関係上少ない努力値での耐久調整が活かせることは多く、サイクルパの裏メガとして採用される個体では特にだが「相手視点で最速の可能性を切って立ち回ることができない」ことから250以上の努力値を自由にカスタマイズできるためメガゲンガーの耐久振りにはさらなる開拓が期待される

 

 

【選出パターン】

・ライボガブカグヤ

ボルトチェンジで有利サイクルを形成、スリップダメ稼いでガブかライボで〆

迷ったらこれ

ライボガブカグヤかその後発1体を変えて選出するのが1番回しやすいので通しやすいコマを相手のパーティを見て選定する

 

以下特殊選出

 

・ガブゲンツルギ

対追い討ち枠入り受けループ

対追い討ち枠の先発ガブで物理受けを釣り出してゲンガーでみがわって滅び殺す

相手の選出は大体

純正→ラキムドーorヤドラン+グライor追い討ち

バレル入り→バレル+ヤドラン@1

だったと思う

あまりやるべきではないがガブ→カグヤにしてグライオンに宿り木をさしてからグライオンのギロチンのタイミングで投げたゲンガーで地震のppを枯らしたことがあった、挑発グライはお手上げ

 

・レヒレライボガブ

対襷ステロ展開

先発に出てくる襷枠に冷風を押して二手以上の行動を許さない

裏へライボガブが通ることが多い

顎ギャラ相手はレヒレ顎対面で顎のヘドウェにガブを受け出しして速攻ライボに釣り交換すると勝ちが近づく印象

それでもレヒレ対面での顎使いの行動がいろいろ変わってくるので勝率は安定しなかった

 

 

【選出率】

ライボ>>ガブ>カグヤ>レヒレ>ツルギ>>>>>>ゲンガー

 

18帯後半からカグヤの選出率及び選出時勝率が下がった

 

 

【辛いポケモン

バシャーモ+ナットレイ

最低限のサイクルを意識した展開の並びが死ぬほどきつかった

ライボはステロ+威嚇込みフレドラは一度までは耐えることを覚えておく

 

ライボルト+テッカグヤ

じゃんけん

上位にほぼいないと見て切りました

 

・襷グライ展開

切りました

対面的な並びでグライオンが入ってる時は可能な限り先発レヒレを当てました

 

ホルード

切りました

 

ランクルス

切りました

 

オニゴーリ

地震は切りました

 

・太鼓カビゴン

上の6つとはキツさの比較対象すらになりません

どうあがいても無理です

身代わり持ちはマッチングした瞬間に降参しましょう

 

・ASボーマンダ

ライボにしろカグヤにしろマンダ軸に睨みをきかせられるがあくまで睨み程度、僕が長年使って知る限り単品ではただの起点です

ステロを入れればライボのめざ氷でも縛れたがそもそも並び的に撒く隙を与えてくれなかったのでライボカグヤで泥沼択ゲーしてました

 

【最後に】

拙い文章だったかもしれませんがここまで読んでくださった皆様への感謝は言葉では表せません

来期は新しいライボルト軸でレート2050目指して頑張りたいです

 

 

【special thanks】

序盤にライボガブカグヤを使って長時間通話してくれたebi※現在アカウント削除済み

 

ライボガブカグヤ原案者で記事の掲載許可を下さった櫻子さん

桃琚 (@momoko_913_pok) | Twitter

 

【戦績】

f:id:summer_orAnge:20190402081411j:image

TN くろず 最高2036/最終198×

TN Eiki♪Siki 最高1971/最終188×

(Eiki♪Sikiロムではツルギ→HDチョッキコジョ、カグヤの配分をHBベース、毒→守るへ変更)

 

 

誤字脱字報告、質問はTwitterで受け付けてます

興味あったらフォローしてくれると嬉しいです

 

お題箱等に投げ込んでくれると助かります

 

【追記】

QRレンタルパーティを作成しました

 

素敵なライボルト入りミニ色紙をえかーるさんより頂きました!

f:id:summer_orAnge:20190514024544j:image